読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンスタンプラリー2015 2日目(13駅)

◎1日目

津田沼

◎2日目

新浦安→東京→有楽町神田→秋葉原→上野(ゴール)

→尾久→赤羽→浦和→大宮→熊谷立川→八王子

 

⇒Uターンしている

→降車、スタンプを押している。

路線図:

f:id:gardevoirv6:20150813231817p:plain

ここを巡った

 

以前の経験から、端っこである新浦安からスタート

真ん中からやってもいいが、端まで行ったら戻るロスが生まれる。

さて、浅知恵で新浦安を選んだはいいが、6箇所巡らねばゴールにてスタンプ帳がもらえない。しょうがないので有楽町からUターンして東京を北上、上野にてスタンプ帳をもらう。

 

ここまでは良かったが…

予定では牛久に向かうはずだった。だが、上野駅でホーム見間違え、9番線から前の駅に戻ってしまった。

しょうがないので丁度来ていた電車にて尾久に向かう。

尾久(おく)は非常に厄介な駅で、どこからでもアクセスできるわけではない。

2008年にはトゲキッスのスタンプが置いてあったのを覚えている。

ここについたとき、子連れの同業者を何グループか目撃した。

そのまま赤羽経由で浦和、大宮、熊谷に向かったが。

3DSのすれ違いに夢中になりすぎて熊谷の次の「籠原」まで行ってしまった。

これはいけない。

時間的にも厳しかったので、せめて端っこの八王子、立川を踏破しようと計画した。

 

ここで私のとった行動は、熊谷でスタンプ→大宮乗り換えで新宿経由で中野、萩窪スルーして立川、八王子を攻める作戦だ。

これは、初心者にありがちだと思うが、JRの路線のしかも、スタンプラリー路線図に頼った行動である。直接 熊谷→八王子周辺となる方法を探して、そのまま八王子から中野方面へ時間の限り攻めるべきであった。

 

結果、ぎりぎり立川、八王子を踏破できた。

その後、のんびり新浦安経由で南船橋→ポケ煎餅センベイ、つまり東京ベイにてハンコを押した。

 

ポケセンが開いている限り、ポケセンのスタンプを押すことができるのである(基本20時まで)

 

◎反省点

・2度目とはいえ初心者であったので、下手に気取ってスタンプ帳ノルマ数が合わない新浦安から始めるべきではなかった。

・牛久を攻めるのは無謀だった。

・いくら駅の間隔が大宮→熊谷間が長いからとはいえ、イヤホンでゲームはよろしくなかった。

・次の降車駅、次の次の降車駅の乗車時間、ホームを確認すべきであった。

ポケモンスタンプラリー WIKI や 駅構内図をよく見て、スムーズに降車→改札→スタンプできるようにすべきであった。

 

 

つまり…初心者である自覚が足りていなかったのである。

なんとも情けないグダりようである。

不幸中の幸い、時間中に牛久に行くという醜態はさらさずに済んだ。奇跡である。

むろん、これは次の日(3日目というか今日)へとノウハウは受け継がれていくのである。

 

 

◎その他、思ったこと

・1日で巡れるわけがないのはご愛嬌=2日目、3日目の計画を事前に立てること

・巡航速度(フツーにあるく)で進めればそんな疲労は感じない

駅員の制服着ている人は、システムを完全には理解していない!

 

駅員が理解していないエピソードを述べると、

秋葉原の駅員

・同じ駅で違う種類のスタンプを押した場合(進化前後)6種類扱いとなるか理解していない。(私ではない。どうなったかは知らん。)

・進化前のスタンプが押されていなくても、進化後があればすべて巡ったことになる。(上野駅ポケセン?スタッフに尋ねたところ、これは有効となるらしい。)

 

あと・・・

新浦安の駅員、9時30分55秒にハンコを慌てて持ってこられても困る。

後日、牛久の駅員は15人ほど並んだあたりで15分弱早く設置していた。

早いのはルール違反かもしれない。

しかし、時間に対しシビアな仕事なはずなのにギリなのかアウトなのかわからないタイミングで持ってくるのはおかしくないだろうか?